スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゲーム】バイオハザード リベレーションズ【キャンペーンクリア/感想】

hobi_0001_19_20120127233124.jpg
バイオハザード リベレーションズ (3DS)

キャンペーン(ストーリーモード)をクリアしました。

初回プレイ。難易度はノーマル。

約10時間でクリアに達しました。

個人的にはちょっと長いかなと感じましたが、
初回プレイということで色々探索したからだと思います。

たぶん頑張れば3時間クリアもできそうな気がしますね。
まだ挑戦してないので何とも言えませんが・・・。


ということで。

ストーリーをクリアしての感想。


まず総合評価から。

バイオファンなら買って損なし!

ただ原点回帰を目指したようですが、
ストーリーが進むにつれ、バイオ5のようなノリになっていくので、
「4や5は嫌い。バイオ1が好きだ!」って人にはあまりオススメできないかも・・・。

ただ原点っぽさも少しだけ、具体的には序盤あたりだけ感じたから、
初期のバイオが好きだという方も、一度やってみてもいいと思います。

あれだね。原点に戻ろうと思ったけど、結局戻らなかったみたいな(苦笑)


点数にすると、100点満点中・・・

85点!


全体的に面白かったけど、
1からのファンとして個人的に残念な部分もあったので・・・。


とりあえず、
今年の11月に発売予定のバイオハザード6に繋がりそうな要素もあったので、
バイオシリーズファンは絶対にやっておくべきだと思います。

t-アビスというウィルスや仲間のふりをしていた敵キャラ(新キャラ)などなど。
個人的には6にも出してくるんじゃないかなと思いました。

もちろんバイオやったことない人でも楽しめると思うよ!



以下、細かい感想。ネタバレあり。


今回のバイオ。
ジルがメインのプレイキャラですが、
ジルが主人公というより、ジルの所属するBSAAという組織が主人公だった気がします。
BSAAという組織が、とある事件に挑む!みたいな。どこか洋ドラっぽかった。

バイオハザードシリーズのメインのストーリーというわけではなく、
あくまでも外伝的な物語だと思いました。物語の補完的な。

まあ、ナンバリングタイトルじゃない時点でそれは予想済みでしたが。


それはさておき。


まず移動や攻撃などの操作。

最後まで変に難しい操作などはなく、全体的に快適だったと思います。
移動時のカメラ視点もキャラやや後方とバイオ4や5と同じ感じなので、
バイオ4やバイオ5をプレイしたことのある人なら、すぐに馴染めるかと。

自分は3DS、むしろDSシリーズ、というより携帯機に不慣れなのですが、
バイオ4や5に似たような操作だったので、凄く助かりましたね。

ちなみに拡張スライドパッドを使用してプレイしたのですが、
最初は「別にいらないかな」と思っていた拡張スライドパッドも、
慣れてくると「あったほうがやり易い」と感じました。



続いてシステム。

今回「ジェネシス」というアイテムが登場するのですが、
これで敵をスキャンしたり、隠れたアイテムを発見するのはなかなか楽しかったです。

「面倒」と感じなかったわけではありませんが、
ひとつのやり込み要素として楽しめたので良かったかなと思います。


あと今回ダメージの表示の仕方が、
画面に付着する血痕の量で判断という感じなのですが、
これもわかりづらいとは感じなかったので悪くはなかったです。
・・・できれば心電図を復活させて欲しかったが(笑)


そして回復。

回復の仕方が今回すこぶる楽です。
ファンとしては残念なことにグリーンハーブしか登場しませんし、
グリーンハーブで全回復します。さらにAボタン押すだけで使います。

進行していると適度に手に入るし、
「ジェネシス」で敵をスキャンすることでも手に入れれるので、
個人的には回復に全く困りませんでした。

楽なのは良心的でバイオ慣れしてない人にはイイと思いますが、
グリーンハーブしか登場しないとか・・・。ファンとして物足りない。


あと武器のカスタマイズ。

これはなかなか楽しかったです。
武器の威力が増すパーツや連射速度を上げるパーツなどが登場して、
組み合わせを考えたりするのもちょっと楽しかったです。

まだ手に入れてないパーツや隠しパーツもありそうなので、
やり込み要素としてクリア後も楽しめる感じです。

ひとつ残念なのは同じ性能のパーツを同じ武器に組み合わせれないこと。
すさまじい攻撃力のハンドガンにカスタマイズしたかったのに・・・(笑)


武器といえば・・・

個人的にだと思いますが、今回はショットガン大活躍だった。
ラスボスであんなにショットガンを使ったの初めてかも(笑)

逆にマグナムとライフルは活躍しなかった。
とくにライフル。4や5と違って狙撃を楽しめる箇所がなかったから、
ライフルの使いどころがさっぱりわからなかった。

2週目でザコ敵を倒す武器としてやっと使いどころ見つけたよ(笑)


そうそう。
今回も近接攻撃、敵が怯んだときに殴るアレがあったんだが、
ほとんど使わなかったな。今回は無くてもよかったような・・・
あれは完全に人型、村民に繰り出してこそ楽しいものだと思うよ。
バリーのヘッドバットで頭弾けてこそ楽しいものだと思うよ。


感想が長くなってきた・・・。


ストーリーや全体的なゲームの雰囲気ですが、
初めてプレイしたときはホラー感があって、
原点回帰を目指したんだなと感じられたのですが、

物語が進むにつれ、だんだんホラー感が薄れていきましたね。
恐怖に慣れたというわけではなく。

ハンターがウジャウジャ出てきた時点でホラー感なくなったよ。
機関銃で敵を倒す戦闘があった時点で「5になった」と思ったよ。

まあ、でも、メイン舞台の客船では、
同じ道を何回か行ったりきたりもしたし、
バイオ的な謎解きもあったので、それは良かったと思う。

歯車がキーアイテムとして登場したのは、なんか興奮したよ(笑)

ちなみに、ゲーム内の話ですが、
メイン舞台となる客船を設計したのは、ジョージ・トレヴァーのようです。
これはファンとして少し興奮でした。


「原点に戻ったのか?」と問われれば「いいえ、戻っていません。」と答えたい、
そんな個人的な感想ですが、原点回帰どうこうを抜きにすれば、
とてもおもしろかったと思います。これは良作です。

4や5とはまた一味違う、それよりも過去のシリーズとも違う。
新しいバイオになっていたと思います。


最後のボスが一番「いままでと一味違うバイオ」だったな。
あれはどういうこと?敵がジルたちが五感をおかしくしてるの?
それとも瞬間移動や幻影をつくれちゃうって設定なの?
5のラスボス・ウェスカーより強くね? と思った。

まあ、マトリックスの動きできちゃうウェスカーも出たわけだし、
瞬間移動する敵が出てきても、何にも変じゃないけど。
t-アビス、凄いね。



最後に、上記に書いてない超個人的に残念だった点・・・

●オートセーブ機能にして欲しくなかった。自分のペースでセーブできないのが残念。
 タイプライターとインクリボンを復活させてくれ!
●5より前の話だからチラっとでもウェスカー登場するかな?と期待したのに出なかった。
 ウェスカーファンとして悲しい。
●ジルとクリス以外にも過去キャラ出して欲しかったなぁ。チラっとでもいいから。
 ウェスカーはもちろん、バリーとかバリーとかバリーとか。
●根本的に否定しちゃってる感じですが、据え置き機に出して欲しかった・・・。
 なんか、そのうち、2年後とか、据え置き機にリメイク出そうだよね・・・。
●吹き替えでもプレイしてみたけど、やっぱり馴染めない。
 従来どおり英語もあったので良かったけど・・・


以上かな。

感想が縦に長くなってしまった・・・(苦笑)


さて、キャンペーンをクリアしたし、
次はレイドモードをやってみるか。

やり込み要素があるのは良い点だよね。

レイドモードをある程度やったら、また感想を。


ほびのすけでした。
あでぃおす

【関連過去記事】
【ゲーム】バイオハザード リベレーションズ【購入&初プレイ感想】



にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
↑ランキング参加中
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 新作ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
メールフォーム
リンク(ブログなど)
みんぽす 新着レビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。